代替名

JALで培ったおもてなしの極意、リーダーシップ力の研修、スタッフの成長。コーチングの技術を織り交ぜた独自のコミニュケーションスキルを身に付けるなら

パーソナルフィロソフィ
内田明子プロフィール紹介
profile
内田明子
日本航空グループ会社にて、約15年半客室責任者として乗務。
JAL再建時、稲盛和夫氏のリーダー教育を直々に受講する幸運に恵まれ、理念経営を深く学ぶ。
客室部リーダーとして、フィロソフィを自ら率先垂範し、チーム運営に尽力。
2014年、結婚を機に退職。
コーチングを専門的に学び、リーダーシップ、接遇、チームビルディングを得意とするオリジナルの研修を企業等に提供。
「個の違いを尊重し、個の存在を大切にする」という考えのもと、スタッフ一人一人が輝くチームづくりのサポートを行なっている。
サポーターの声
Voices of supporters
大久保寛司 (人と経営研究所 所長) 様
彼女は「人」が大好き、「人」を支援することが大好きな人です。

JAL時代にはリーダーとして多くの新人を育成してこられました。
当時の後輩たちから今も慕われているのが、彼女の人間性を物語っているといえるでしょう。

素晴らしい研修講師は、教える技術や豊富な知識を持っているだけでは不十分。
それは単なる前提に過ぎません。

大切なのは、相手に成長してほしいという願いをどれだけ強く真剣に思っているか!

受講者から「この人の言うことなら、素直に実践してみよう」と思ってもらえるか!
教える側の、人間としての魅力こそがカギなのです。

指導した組織から、感謝と感動の声が多数寄せられているのは勿論のこと、何より、受講者から行動の変化を引き出し、職場で相対する人達にまで感動の和を広げている。
本物の変化と成果を生み出している。
研修はあくまで手段であり、これこそが研修の真のネライと言えます。

いつも輝いている内田明子さんは、それができる人です。
大久保寛司 様
朝倉千恵子(株式会社新規開拓 代表取締役社長) 様
「好きに理由はない。」私はそう思います。
内田明子さんと初めてお逢いした時の第一印象は、無条件で好きな人…でした。

初対面で人に与える印象力。
慈愛に満ちた優しい眼差し。
美しい所作・身のこなし。
そしておつき合いすればするほど、奉仕の心や誠実さがより一層伝わり、
あの時の第一印象に間違いはない、
むしろ、それ以上であると感じています。

新たな目標を掲げ、在りたい自分の姿も明確にし、
「品格漂うハンサムウーマン」として挑む姿勢。

どんなことにも凛として、真摯に立ち向かう姿、熱意を持って取り組む姿がありありと浮かびます。
内田さんのその姿は、周囲の皆さんに愛と勇気を与え、縁ある人を幸せに導かれるでしょう。

私も心から応援し、見守って参ります。 末永くよろしくお願いします。
朝倉千恵子 様
黒岩 功(ル・クロ グループ オーナーシェフ) 様
「素晴らしいチームビルディングをする明子さんはプロジェクト立ち上げの恩人です」

明子さんとの出会いは、弊社のル・クロ・ド・マリアージュで結婚式を挙げられたことがきっかけでした。
実は、彼女の実歴である一流の客室乗務員のセンスと、いつも本質をつかもうとする姿勢、親しみやすく聴き上手な明子さんとの出会いが、私がプロジェクトリーダーで立ち上げた『キミノテプロジェクト』誕生に繋がっています。
明子さんのコーチングは、一言で言うとやはり『愛』です。

そのベースはおそらく、稲盛和夫会長がJAL経営改革の中で復活を成し遂げた時代に、明子さん自身が身につけたコーチングだと思います。
まさに世の中がJALに対して厳しい目を向けていた時に、リーダーとして、スタッフ達が働く環境で何が一番大事なことなのか?
世の中の信頼、信用をいかにして取り戻すことができるだろうか?
このミッションに向け、チームをまとめていたリーダーだからこそ養われた力。

これは明子さんの真骨頂で、「人を信じる力=リーダーシップの本質」だと思います。
私がリーダーを務めるキミノテプロジェクトでは『障がいがある、ないに関わらず自分自身がなりたい自分になれる!』というメッセージを届けています。
チームビルダーとして動いてもらっている明子さんの存在がなければ、このプロジェクトもここまで前進することはなかったはずだと心から感謝しています。
明子さんの講座を受講し、一人でも多くの方々に自分自身の中にある素晴らしい可能性『未見の我』に気づいてもらえる事を願っております。
黒岩 シェフ
株式会社おいしいハート 代表取締役
一般社団法人 日本食育コミュニケーション協会 代表理事
石原奈津子 様
「食卓」で向き合いながら一人ひとりの個性と可能性を伸ばすコミュニケーション力とカウンセリング力のある人材『食卓カウンセラー』の養成をはじめたのが2015年。
内田明子さんはその初期の受講者として出会いました。

会場でひと際目立つ姿勢の良さと真っ直ぐに相手の目をみて優しく頷く姿に、受講生の域を超えて「教わる立場」から「伝える立場」になる存在であることを、出会ってすぐに感じました。
それからの内田明子さんの活躍ぶりは「伝える立場」になってもどんどん進化し、接遇研修に関しては私どもの協会でも人気のある講座となりリピーターも増えつつあります。
「形(かた)」にしばられず、ノウハウだけではなく、それぞれの個性や魅力をいかした接遇研修は、“なぜそれをするのか”を明確に伝授してくれます。

豊かな経験と伝える情熱を兼ね備えた内田明子先生に一人でも多くの方にご受講いただき、出会ってほしいです。
石原奈津子 様